最近レベル上げもつらくなってきたので、初めて真面目に特訓に取り組んでみました。
今回特訓するのは、魔法戦士Lv59!Lv60にせずに寸止めしてました(*・ω・)ノ

寸止めの理由は、Lv59だと、
 ・ レベル上げにお世話になった、オークキング、ウドラー、ガルバ、ゴルバさん達、
 ・ よく知らないけど、フレイムドック
で特訓できるから。
見慣れた(?)仲間(モンスター達)と戯れて特訓できるのもいいな、と…。
ライノスキングよりオークキングの方が好きだ!ガルゴルなんて、最果てで永久狩りできる!というのが本音です、はい。

まず、今回は(次回はあるのか!?)、オークキングとフレイムドックを捨てられた城でやってみる。

借りたサポは、次のとおり。
あまりサポ選びに時間を掛けたくなかったので、そこそこの性能の方を借りさせて頂きました。

 平田x2:攻撃210前後、消費無し12%以上
 回復用槍パラx1:槍スキル88止め(狼牙突きなし)、攻撃270以上、MP100以上

槍は必ず狼牙突きなしを選ぶこと。作戦をガンガンにすると、無駄に使ってしまったりするので。
オークキングは雷属性が弱点なので、雷神の槍を持っているなら、尚良し!だけど、今回は見つからず…。

主に赤で囲んだ範囲で黙々と(TVを見ながら)狩り続けました。
戦闘開始直後、サポの行動より前に平田1人にバイシオン。(バイキルトは、詠唱が長すぎてサポの最初の行動に間に合わない)
あとは、MP回復のためにぺちぺち殴るだけ。
クリップボード01

H-4の小屋にはフレイムドックが2~3匹居て、即湧きでした。
ただ、、火のブレスが地味にHP&MP削られるので、あまりおいしくはないかも…。
夜は寝ているので、夜の間のみ狩るか、常時狩るならブレス耐性ついたサポを選ぶ必要がありそう。

200匹討伐を兼ねて、今度改めて来てみようかな。

1時間、ぺちぺち倒した結果、特訓スタンプ100個&たくさんの名声(笑)&ふさ毛いっぱい&青宝箱1個ゲット(´∀`*)
最初の方、色々試しながら走り回ったり、途中トイレ休憩したりしたので、もう少し効率は出そうな感じでした。

でも、これが10時間続くのか…。
噂には聞いてたけど、特訓スタンプ1000個は苦行だな…。